COLUMN

コラム

履歴書の書き方マニュアル大公開!正しい書き方やNGなポイントまで解説

公開日:2024.07.01

最終更新日:2024.07.17

履歴書を書く際に注意すべきポイント

履歴書を書く際には、以下のポイントに留意することが重要です。

  • 一般的なレイアウト: 販売されている履歴書やインターネットでダウンロードできる一般的な項目があり、読みやすい文章で書くことを心がけます。余白を適切に使い、文字の大きさやフォント、手書きの場合には丁寧さにも注意します。
  • 正確な情報の記入: 誤字や脱字のないように注意し、全ての情報を正確に記入します。特に氏名や連絡先などの基本情報は、慎重に入力します。

基本項目の書き方

基本項目には、以下のような内容を記入します。

  • 氏名: フリガナ(カタカナ)も記入し、姓と名の間にスペースを入れます。例えば、「山田 太郎」とします。
  • 生年月日: 西暦で生年月日を記入します。住所: 現在の住所を詳細に記入します。例えば、「〒100-0001 東京都千代田区千代田1-1-1」とします。マンション名や部屋番号も記載します。
  • 連絡先: 電話番号やメールアドレスなど、連絡が取れる方法を記入します。例えば、「090-1234-5678」「example@example.com」とします。

学歴・職歴欄の書き方

歴や職歴欄では、以下のポイントに留意します。

  • 時系列の整理: 最新のものから過去のものに順番に記入します。日付のフォーマットは統一し、「年/月」の形式で記入します。
  • 職歴の詳細: 会社名や組織名などを正確に記入しましょう。、学歴の記載: 学校名や専攻、在学期間や卒業年月などを明確に記入し、学歴を整理します。高等学校卒業から書きましょう。

賞罰の書き方

賞罰の欄では、以下のように記入します。

  • 受賞内容: 受賞した賞や詳細な内容を正確に記入し、自分の実績や能力をアピールします。例えば、「優秀社員賞」「月間売上トップ賞」などと記載します。
  • 発表年月: 受賞した年月を記入し、その実績がいつ得られたかを明確に示します。

免許・資格欄の書き方

免許や資格を持っている場合は、以下のように記入します。

  • 資格名: 取得した資格名を正確に記入し、その資格がどのような分野で有効かを示します。例えば、「TOEIC 900点」「普通自動車免許」などと記載します。
  • 取得年月: 資格を取得した年月を記入し、取得した時期を明確に示します。

志望動機の書き方

志望動機を書く際には、以下のポイントに留意します。

  • 企業への理解: 企業の事業内容や特徴を十分に理解し、自分がその企業でどのように貢献できるかを明確に述べます。
  • 自己PRとの関連: 自分の経験やスキルと、企業のニーズや要望をリンクさせ、なぜ自分がその企業に適しているのかを説明します。

自己PRの書き方

自己PRは、自分の強みや価値をアピールするための重要な項目です。以下のポイントに留意して記述します。

  • 強みの具体化: 自分の経験やスキル、特性などを具体的に示し、自分の強みを示します。例えば、「コミュニケーション能力」「問題解決能力」などを挙げます。
  • 企業への貢献度: 自分の強みが企業にどのように貢献できるかを具体的に示し、自己PRを企業の視点で記述します。

本人希望記入欄の書き方

本人希望記入欄では、以下のポイントに留意します。

  • 希望職種: 自分が希望する職種やポジションを明確に記入し、自分のキャリア目標や志向性を示します。例えば、「経理担当」「経営企画部門のリーダー」と記載します。
  • 勤務地: 希望する勤務地や転勤の可否など、勤務条件に関する希望を具体的に示します。

履歴書作成時にやってはいけない書き方

履歴書作成時には、以下のようなNGな書き方に注意します。

  • 虚偽の記載: 自分の経歴や実績に虚偽を含めないようにし、真実を正確に記述します。
  • 過剰な自己アピール: 自己PRや志望動機で過剰な自己アピールをせず、客観的かつ適切な表現を心がけます。

履歴書の書き方に関するよくある質問

以下は、履歴書の書き方に関するよくある質問とその回答です。

Q: 職歴が長い場合、どの程度まで詳細に記入すべきですか?
A: 直近の数件の職歴に重点を置き、それ以前の職歴は簡潔にまとめることが一般的です。

Q: 賞罰の欄に何を記入すれば良いですか?
A: 受賞した賞を明確に記入し、その内容や背景を簡潔に説明します。

まとめ

履歴書は、転職活動において不可欠なツールです。正しい書き方や具体的なポイントに留意しながら、自己の実績や能力を効果的にアピールすることが重要です。このマニュアルを参考にして、自分の履歴書をしっかりと作成し、理想の転職を実現しましょう。

CPAグループは

CPAグループは
会計人材キャリアを
サポートし続けます